女性特有の病気

乳がんの症状として、乳頭から分泌物が出たり、乳頭や乳輪がただれるといったことがあります。乳房周辺で何か違和感を感じたら、早急に病院で検査をしてもらうといいでしょう。

Read More

気になる費用

がんになってしまいますと、当然、完治させるためには治療をする必要があります。もちろん、病院で治療をする事になると費用が必要になってきます。 その大きさは病院によって異なるでしょう。

Read More

病気を予防する為に

近年では生活様式の欧米化に伴って、卵巣がんの患者が増加傾向にあります。そのため普段の生活を見直す事も、卵巣がん予防のために大切だと言えます。日頃から病気予防を意識しましょう。

Read More

多くの治療法

ガンの増殖を食い止める免疫細胞療法を施術してくれる專門のクリニックがあります。リスクの少ない治療を施したい方は相談してみましょう。

がんの治療法について

がんを治療する為には、外科手術を行うことが多いでしょう。この方法は、目で見えるがんを取り除くには最も早い方法ですが、目で確認できないがんには応用できません。 次に、抗がん剤を使った化学療法があります。この場合には、抗がん剤ががんだけではなく身体全体にも悪影響を及ぼすことが知られています。 そして、放射線療法ですが、この方法も、目で見えるがんにしか応用することができないのです。また、放射線は未熟な細胞ほど悪影響を及ぼしますから、生殖器への影響や副作用も心配されています。 しかし、今では副作用が少ない治療法もあるのです。

免疫細胞療法について

副作用が少ないがんの治療法として、免疫細胞療法があります。そこで、免疫細胞療法について分かりやすく説明していきます。 免疫細胞には、リンパ球やNK細胞、そして樹状細胞などが知られています。そして、それぞれの免疫細胞には異なった働きがあるのです。 例えば、リンパ球にはT細胞とB細胞があって、前者が免疫細胞による貪食作用等の細胞性免疫を司っているのに対し、後者は抗体を使った液性免疫に関与しているのです。また、NK細胞はがん細胞を殺処分する能力を持っています。さらに、樹状細胞はがん細胞の情報をT細胞に伝える大切な役割を持っているのです。 これらの免疫細胞を取り出して培養し、再び体内に戻す方法を免疫細胞療法と呼んでいるのです。そして、代表的な免疫細胞療法には、樹状細胞を使った方法やNK細胞を使った方法があります。