病気を予防する為に

具体的な治療方法等について

卵巣がんとは、子宮の左右にある卵巣に発生する悪性腫瘍の事を言います。卵巣がんは初期の段階で治療する事が出来れば、ある程度の完治率を期待する事が出来ます。ただ、だいぶ進行していると再発の可能性も高くなる事から、完治させるのが難しくなっていきます。そのため、早い段階から治療を開始する事がとても重要になります。 卵巣がんの治療方法としては、手術と化学療法をセットで行なう事が多いです。まず最初に手術によって患部を取り除きます。そして、手術後の数週間に渡って化学療法を行ないます。卵巣がんは化学療法に対する反応が良いがんなので、早めに対処すれば完治させる事が可能です。 ただ、病院での治療となると気になってくるのが治療費です。患者それぞれの状態によって差はありますが、一般的には20〜40万円程度かかる事が多いとされています。

卵巣がんの特徴等について

卵巣は比較的、腫瘍が出来やすい器官です。代表的な種類としては、子宮筋腫や卵巣嚢腫等があります。そのため、卵巣に腫瘍が出来た場合には、その腫瘍が良性なのか、悪性なのかをきちんと見極める事が重要になります。良性の腫瘍であれば、摘出手術を受ける事で完治する場合がほとんどです。しかし、それが悪性の卵巣がんだった場合には、状況が変わってきます。 前述したように、卵巣がんは初期であれば完治の可能性が高いがんです。しかし、進行してしまった場合には一気に完治が難しくなります。その理由の一つが、治療が難しくなる事が多いからです。卵巣がんは進行すると、腹水が溜まる事が多くなります。腹水が溜まる事で腹膜播種という形態を引き起こし、これが治療をする上で困難さを高くするのです。